★「月刊ヴィアン」スタッフの取材裏話♪★

群馬県内で毎月22万部発行のフリーペーパー「月刊ヴィアン」スタッフのブログです。群馬の地元情報満載でお届けします!
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第3回アンチエイジングセミナー

第3回 アンチエイジングセミナー
10月26日(土)

カーター元米大統領が勇気づけられたという
三浦雄一郎の偉大な記録が収められた映像を鑑賞
夜はフラメンコで、楽しいひと時を過ごす


世界で唯一、エベレストをスキーで下りた
三浦雄一郎さんのドキュメンタリー映画


gouta_san.jpg
悪天候のため谷川岳登山は中止されたが、その代わり三浦豪太さんが父・雄一郎さんの
エベレストをスキーで下りた貴重なドキュメンタリー映画を見せてくれた


 今年で3回目を迎えたアンチエイジングセミナー。三浦豪太さんの探検学校では谷川岳に登る予定だったのだが、台風の影響で登山は残念ながら中止となった。その代りに、豪太さんが、かつて父・雄一郎さんがエベレストの頂上からスキーで滑り降りた時の記録映画「The man who skied down Everest」を見せてくれた。この映像は、アカデミー賞ドキュメンタリー部門で賞を勝ち取った作品で、カーター元米大統領がホワイトハウスの大統領執務室で、厳しい状況に置かれた時に10回以上見て奮い立ったというエピソードがある。カーター元大統領自身「本当の勇気を知りたかったら、この映像を見ればいい」との言葉を残している。著作権の関係で日本では見ることはできない映画を、息子の豪太さんの豪華な解説付きで見ることができた。
映画は、ヒマラヤへ挑むところから、頂上からスキーで滑り降りるところまで、カメラマンが雄一郎さんに密着して映像に残したもの。ルート工作中にシェルパや仲間を失った悲しみや、頂上からスキーで滑り降り始めたものの、バランスを失いコントロールが利かずに斜面をなすがままに滑り落ちていくシーン、パラシュートを開いて滑り落ちるのを食い止めようとするが、背負っていたパラシュートでは小さすぎてブレーキが利かず、最後は岩に激突してようやく止まることができた様子など、登山中に起こったさまざまことが事細かに映し出されていた。映画では自然の厳しさ、偉大さとともにその自然に挑む雄一郎さんの勇気をもつぶさにとらえていた。
 この映画の後で、今年に雄一郎さんが80歳でエベレストに登った時の映像も披露してくれるなど、谷川岳には登れなかったが、、登山の魅力を知ることができた貴重な時間だった。

gouta_san_shirasawa_san.jpg
白澤卓二先生司会の質問タイム

 映像の後は、質問タイムとなった。アンチエイジングで有名な白澤卓二先生が司会を務める豪華さ。質問に答える形で、雄一郎さんがエベレストをスキーで滑り降りるチャレンジをした時に、もし岩にぶつかって止まらなかったら、そのまま滑り落ちて滑落して死んでいただろうという事実も明かしてくれた。雄一郎さんは日々の努力によって鍛え上げられた強靭な精神と肉体を持っていただけでなく、強運をも持っていたのだ。そして、男性の参加者からの「高齢者の登山で気をつけることは」との質問に、「前日に十分な睡眠をとることと、登山はものすごくエネルギーを消費するため、炭水化物を摂っておくこと。登山中はこまめに水分を摂ること」と豪太さんがアドバイスしていた。
 講演会の最後に、前橋温泉で販売していたムック本「80歳 エベレスト登頂 ~三浦雄一郎3度目の8848m」(双葉社1600円)」を記念に購入し、豪太さんにサインをしてもらった。
 
前橋温泉クリニックで
フラメンコライブ


みんなでフラメンコ
フラメンコライブで、即席のフラメンコ教室も開催。参加者の楽しそうな表情が印象的だった

みんなでフラメンコ2
ステージに上がった参加者たち。中央は岩波佳江子先生

 18時からは、前橋温泉クリニックの岩波佳江子先生も出演するフラメンコライブが開催された。フラメンコは、全身の筋肉を使い、20歳なら20歳なりの踊りが、80歳には80歳なりの踊りがあり、年齢、性別も関係なく、誰でも気軽に始められるダンスで、細かなステップで床に足を打ちつける動作は、骨密度を高めるという嬉しい効果もあるという。会場に集まった人たちは中高年の人たちが多かったが、みんなで一緒にフラメンコを踊る時間もあり、参加者の生き生きとして楽しそうな表情に、若返りの効果もあるのだと実感した。

佳江子先生
医師としての診療のほか、フラメンコ教室も持つ佳江子先生が華麗なダンスを披露

福島さん
福島沙弓さんの迫力ある情熱的なダンスに、会場中が魅了された

フラメンコ出演者
フラメンコライブの出演者たち。左から佐々木美江子さん、岩波佳江子先生、早川由佳さん、福島沙弓さん
スポンサーサイト
プロフィール

「月刊ヴィアン」スタッフ

Author:「月刊ヴィアン」スタッフ
■「月刊Vien(ヴィアン)」は、前橋・高崎を中心に毎月22万部発行されている月刊無料生活情報誌です。コンセプトは、「『群馬びと』の“ココロくすぐる”」です。毎号、グルメ・医療・健康・旅をテーマに読者のニーズに合わせた誌面内容をしています。
■特長は時節に合わせた巻頭特集記事や食の情報、群馬のスポーツ情報などを掲載しており、見ごたえ充分の記事内容。地元群馬のFM局・エフエム群馬とコラボレーションした月イチレギュラー番組『月刊!ラジ・ヴィアン』のレポートページほか、季節ごとの企画ももりだくさん!
■そんな「月刊ヴィアン」編集部のスタッフは、少数ながらも元気いっぱい、群馬県内のグルメやトレンド情報を、誌面に載せられなかった分まで、ブログでご紹介していきます。

置き本スポットはこちら!
★★★★★★★★★★★★★★★
月刊Vien(ヴィアン)公式HP

↑これからますます充実の予定です♪

広告掲載・紙面に関するお問い合わせは、
電話 027-289-2500(代)
FAX 027-289-2501
または、メール

までお願いいたします。

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。