★「月刊ヴィアン」スタッフの取材裏話♪★

群馬県内で毎月22万部発行のフリーペーパー「月刊ヴィアン」スタッフのブログです。群馬の地元情報満載でお届けします!
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

群馬クレインサンダーズの岡田選手&イースタンリーグの選手5人にインタビュー!

萩原です。

bjプレスカンファレンスの時に、群馬クレインサンダーズの岡田慎吾選手をはじめ、イースタンリーグの選手5人に話を聞きました。

●岡田慎吾(群馬クレインサンダーズ)
いよいよ始まるんだと言う思いで、身が引き締まりました。自分たちの目指しているバスケットをするだけなので、対戦相手は意識しないです。
全部がライバルです。

●城宝匡史(富山グラウジーズ)
ヘッドコーチが変わってことは、チームのシステムがすべて変わったので、外国人選手は1人以外すべて変わったので、まったく去年とは別のチームになって、僕らにとってはすごくやりやすい状況になったので、良いバスケットができると思います。
群馬はbjを経験している岡田、友利がいる。二人ともいい選手なので、そこは注意したいですね。外国籍選手はbj経験のない選手が多いので、やってみないと分からないです。開幕戦は僕らのホームなので、絶対に負けられないですね。とりあえず勝たないと盛り上がらないので、勝てればどんな試合でもいいと思っています。勝つことを第一に考えてやっていきたいです。手強いと思うチームは、新潟、秋田、岩手。良い補強をしているし、良いチームだと思っているので、要注意だと思います。
今季は、去季よりも勝率を上げたいので、チームとして1つずつ勝っていきたいのと、去年bjリーグのベスト5に選ばれたので、また選ばれるぐらいの活躍ができればと思っています。

●齋藤崇人(信州ブレイブウォリアーズ)
派手なプレーばかりではなく、スタッツに残らないような陰で支える選手が多くいるようなチームを目指していると思うので、それをチーム全員で頑張ってやりたいと思います。
ヘッドコーチ、キャプテンがちゃんとしているので、副キャプテンの僕は、それをサポート出来たらいいなと思います。
群馬のチームについては全然見たこともないので分からないですけど、昨シーズン、ウチに所属していた鈴木豊が群馬にいるので、彼のプレーも分かるし、性格も分かるぐらいです。
チームとしての目標はプレーオフに出場したいと思っていますので、少しでも多く勝てればいいかなと思っています。個人としては、チームのためにどれだけ貢献できるかです。

●青木康平(東京サンレーヴス)
すごいこのようなチャンスをもらったことは僕にとっても嬉しいことだし、また東京のユニフォームを着るということは僕にとってはすごく特別なことなんだなと思います。
昨年移籍した大阪はチャンピオンに3回なっただけあって、チームとしての基盤はしっかりしていると思ったし、ブースターもそうだし、後援会もそうだし、地域のサポートがしっかりしているチームだなと感じました。
東京が今後目指していくことは、しっかり地域に根付くように、皆さんにサポートしていただけるようなチームを目指さないといけないし、東京はいろんな娯楽があって非常に難しい土地だと思うんですけど、そこをやらないとアパッチがなくなったように、またその可能性が出てくると思うので、絶対それだけは避けないといけない。
今のチームの完成度は30%ぐらい。アメリカ人の合流が遅れたということで、チームとしてまだ一緒に練習ができていないのと、けが人が多いという中で、まだ万全じゃないので、これから作り上げていくという状況ですね。
要注意なのが、秋田、岩手。秋田に関しては中村和雄さんが指揮をとられていてベテラン選手も多いということと、この前も試合を観たんですけど、すごくいいチームだと思ったし、岩手に関して言えば、これこそすごい良い選手を集めたチームだと思うんです。経験豊かな選手も多いし、外国人選手も日本人選手も経験があって、沖縄で二度チームを優勝させた経験のある桶谷ヘッドコーチがすごい良い形でチームをまとめ上げていたので、いいチームだなと感じましたね。
 その他のチームは対戦していないので見ていないですけど、メンバーだけしか頭の中では描けないですけど、今はその2チームが強いなと思っています。
 群馬のチームについてのイメージは、互いに新規参入と言うので、群馬のチームよりはいい成績を収めたいというのもありますし、互いに新規参入なので、一緒に盛り上げていけたらと思いますし、よきライバルとして常にいたいし、一緒に盛り上げていけたらなと思っています。
 大阪で良い経験を察せてもらったので、去年大阪ではケガを抱えていて、なかなかいいプレーができなかったんですけど、それでも東京やいろんな地方から見に来てくれた方たち、もちろん大阪のブースターの方たちにも良くしてもらって、そういうブースターの支えが僕にとっては特別のことで、また東京に戻ってきたことは、以前のファンがまた観に来てくれると思うので、以前と変わらぬプレー、もしくはそれ以上のプレーをお見せできればと思っています。
 個人タイトルを狙いに行くことはないですね。チームの勝利に貢献することでそれはついてくると思うので、ただフリースローに関しては誰にも邪魔されないという同じルールの中でやるので、それは僕の一つの仕事だと思うので、100%を常に狙ってやっています。チームとしては新規参入ですごい厳しいシーズンになると思われているので、それを覆すぐらいのいい成績を残すために、僕は優勝を目指してしっかり戦いたいと思います。

●池田雄一(新潟アルビレックスBB)
まだ始まったばかりなので、シーズン始まってみないと分からないですけど。手ごたえはあります。日本人選手と外国人選手が早く合流して一緒にやっているので、良い状態ではあると思います。
プレシーズンマッチで対戦した群馬のチームは、ディフェンスがすごく激しくて、メンバーチェンジもすごくしていて、出る人出る人100%の力でやっていたので、プレシーズンの時には互いにシーズンを戦うにはまだ準備不足だったので、シーズン中どう戦えるかを楽しみにしています。
コンディションは例年と同じくらい上がっていますし、早く開幕してほしいという気持ちです。非常にいい状態かなと思います。
新潟らしさは激しいディフェンスから速いオフェンスへの展開だと思うので、その辺をできるようにまずはディフェンスからチームとして課題をもって取り組んでいきたいと思います。
目標は優勝しかないので、それに向けて一つひとつ大事に戦っていきたいと思います。
去年のイースタンのチャンピオンの浜松がウエスタンカンファレンスに行ってしまったんですけど、イースタンはどのチームが上位に来てもおかしくないので、どのチームも手を抜けません。その中で1、2位を獲れるように全力で戦っていきたいと思います。

bw_uploads_QlmUi4y0gsw.jpg
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
月刊Vien(ヴィアン)公式HP http://www.vien.co.jp/
広告掲載・紙面に関するお問い合わせは、
電話 027-289-2500(代) FAX 027-289-2501
メール 
vienweb@vien.co.jp までお願いいたします。
2010y06m25d_181748156.jpg ←完全無料&お得な「ケータイサイト」はこちら!!

スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

「月刊ヴィアン」スタッフ

Author:「月刊ヴィアン」スタッフ
■「月刊Vien(ヴィアン)」は、前橋・高崎を中心に毎月22万部発行されている月刊無料生活情報誌です。コンセプトは、「『群馬びと』の“ココロくすぐる”」です。毎号、グルメ・医療・健康・旅をテーマに読者のニーズに合わせた誌面内容をしています。
■特長は時節に合わせた巻頭特集記事や食の情報、群馬のスポーツ情報などを掲載しており、見ごたえ充分の記事内容。地元群馬のFM局・エフエム群馬とコラボレーションした月イチレギュラー番組『月刊!ラジ・ヴィアン』のレポートページほか、季節ごとの企画ももりだくさん!
■そんな「月刊ヴィアン」編集部のスタッフは、少数ながらも元気いっぱい、群馬県内のグルメやトレンド情報を、誌面に載せられなかった分まで、ブログでご紹介していきます。

置き本スポットはこちら!
★★★★★★★★★★★★★★★
月刊Vien(ヴィアン)公式HP

↑これからますます充実の予定です♪

広告掲載・紙面に関するお問い合わせは、
電話 027-289-2500(代)
FAX 027-289-2501
または、メール

までお願いいたします。

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。