★「月刊ヴィアン」スタッフの取材裏話♪★

群馬県内で毎月22万部発行のフリーペーパー「月刊ヴィアン」スタッフのブログです。群馬の地元情報満載でお届けします!
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ガレット・デ・ロア

ガレット・デ・ロア発見!!

IMG_8705.jpg


 月刊ヴィアン最新号のフレンチレシピでは、毎年1月上旬にキリスト教の祭の時に食べる伝統菓子・ガレット・デ・ロアを紹介しています。

 カスタードクリームとアーモンドクリームを合わせたクリームをパイ生地の中に入れて焼いたもので、陶器製の人形(フェーブ)がクリームの中に隠れています。
みんなで切り分けて食べた時に、フェーブが入っていた人が王様で、みんなから祝福してもらえます。その時に、王冠も被るそうですよ。

 今の季節は、フランス中のお菓子屋さんで、フェーブと紙製の王冠が売られているそうです。フェーブにはいろんな形のものがあり、コレクターもいるほどです。

 日本では知名度があまりない、群馬ではほとんどないガレット・デ・ロアですが、今年はそのガレット・デ・ロアがセブンイレブンでも販売されていました!

 じゃ~ん! パン売り場で見つけ、買ってしまいました。
IMG_8782.jpg
セブンイレブンのガレット・デ・ロア

ガレット2
フレンチレシピのガレット・デ・ロア 

 最初から切り分けられた状態なので、もちろんフェーブは入っていませんでした。

 味はというと、木暮小百合さんの本場のガレット・デ・ロアを食べた後だったので、ガレット・デ・ロアというよりも、クリームが中にちょっと入ったパイ菓子といった感じでした。

 本誌で紹介したからというわけではないですが、ぜひヴィアン最新号で紹介しているガレット・デ・ロアを作ってみてくださいませ。自慢じゃないですが、美味しいですよ。それに市販のパイ生地を使うので、簡単にできます!
 
 記事ではアーモンドクリームと甘さを控えたカスタードクリームを混ぜていますが、アーモンドクリームだけでもOKです。その時は、クリームの分量を倍にしてくださいね。アーモンドクリームだけだと、アーモンドの香りがちょっと強くなり、少し甘めになりますよ~。

 本来なら1月に食べるケーキですが、ウチではクリスマスケーキとして作る予定です!
フェーブはないので、フェーブの本来の意味のソラマメでも入れようかと思っています!!


スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

「月刊ヴィアン」スタッフ

Author:「月刊ヴィアン」スタッフ
■「月刊Vien(ヴィアン)」は、前橋・高崎を中心に毎月22万部発行されている月刊無料生活情報誌です。コンセプトは、「『群馬びと』の“ココロくすぐる”」です。毎号、グルメ・医療・健康・旅をテーマに読者のニーズに合わせた誌面内容をしています。
■特長は時節に合わせた巻頭特集記事や食の情報、群馬のスポーツ情報などを掲載しており、見ごたえ充分の記事内容。地元群馬のFM局・エフエム群馬とコラボレーションした月イチレギュラー番組『月刊!ラジ・ヴィアン』のレポートページほか、季節ごとの企画ももりだくさん!
■そんな「月刊ヴィアン」編集部のスタッフは、少数ながらも元気いっぱい、群馬県内のグルメやトレンド情報を、誌面に載せられなかった分まで、ブログでご紹介していきます。

置き本スポットはこちら!
★★★★★★★★★★★★★★★
月刊Vien(ヴィアン)公式HP

↑これからますます充実の予定です♪

広告掲載・紙面に関するお問い合わせは、
電話 027-289-2500(代)
FAX 027-289-2501
または、メール

までお願いいたします。

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。