★「月刊ヴィアン」スタッフの取材裏話♪★

群馬県内で毎月22万部発行のフリーペーパー「月刊ヴィアン」スタッフのブログです。群馬の地元情報満載でお届けします!
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サンダーズ、連勝ならず

2013年12月29日(日)14:00 富岡市民体育館
群馬クレインサンダーズVS滋賀レイクスターズ

<スターティング5>
群馬:
小淵雅、友利健哉、岡田慎吾、カルロス・ディクソン、ダルコ・チョハダレヴィッチ
滋賀:井上裕介、寺下太基、ディオニシオ・ゴメス、マーシャル・ブラウン、横江豊

<結果>
群馬 70‐84 滋賀
     14 1Q 18
     17 2Q 16
     15 3Q 20
     24 4Q 30

<寸評>
連勝をならず! 課題はリバウンド

DSC_0005.png
試合前の国歌斉唱時のサンダーズの選手たち。2連勝を目指して試合に臨んだのだが…

 昨日からの劇的勝利から一転、試合開始から苦しい展開が続いた。Wチームで相手を抑えても、その後のカバーが遅れ、外にボールを振られてフリーでシュートを打たれる、ロングリバウンドを相手に獲られる、決めるべき所でシュートが決まらない。レイアップシュートなどのリング周りのシュートの確率も悪く、それがさらにオフェンスのリズムを崩しことになった。

 この試合で21点と、ディクソンの28点に次ぐ活躍だったが、連勝を逃したことについて友利は「2戦勝つというのはすごく難しくて、タフな状況になると分かっていても、入りがすごくフラットすぎた。昨日以上のエナジーを持って取り組むことが必要だし、そういう気持ちが体を動かすと思う」と敗因を口にした。

 岡田も試合の入り方の悪さを挙げ、「前半は悪いなりにも我慢できていたが、後半開始から3連続で点を獲られたのが痛かった。そこで流れを変えるディフェンスをしたり、オフェンスでも昨日と違うことをしてみることが必要だった」と悔やんだ。

 次節は、1月4(土)、5日(日)のアウェイ高松戦。長距離のバス移動とタフな状況の中での戦いになる。現在のチームの一番の課題であるリバウンドを獲れるかに注目したい。

<PHOTO>
DSC_0417.png
Wチームでブラウン・マーシャル(滋賀)を抑える友利健哉とシルベスター・モーガン

DSC_0591.png
前日の0点から一転、この日は21得点を挙げる活躍を見せた友利

DSC_0735.png
速攻を仕掛ける小淵雅

DSC_0761.png
この日もファウルアウトしたものの、奮闘を見せたダルコ・チョハダレヴィッチ

DSC_0837.png
チームの大黒柱となったカルロス・ディクソン。チーム一の28点を挙げた
スポンサーサイト
【 2013/12/31 (Tue) 】 スポーツ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

「月刊ヴィアン」スタッフ

Author:「月刊ヴィアン」スタッフ
■「月刊Vien(ヴィアン)」は、前橋・高崎を中心に毎月22万部発行されている月刊無料生活情報誌です。コンセプトは、「『群馬びと』の“ココロくすぐる”」です。毎号、グルメ・医療・健康・旅をテーマに読者のニーズに合わせた誌面内容をしています。
■特長は時節に合わせた巻頭特集記事や食の情報、群馬のスポーツ情報などを掲載しており、見ごたえ充分の記事内容。地元群馬のFM局・エフエム群馬とコラボレーションした月イチレギュラー番組『月刊!ラジ・ヴィアン』のレポートページほか、季節ごとの企画ももりだくさん!
■そんな「月刊ヴィアン」編集部のスタッフは、少数ながらも元気いっぱい、群馬県内のグルメやトレンド情報を、誌面に載せられなかった分まで、ブログでご紹介していきます。

置き本スポットはこちら!
★★★★★★★★★★★★★★★
月刊Vien(ヴィアン)公式HP

↑これからますます充実の予定です♪

広告掲載・紙面に関するお問い合わせは、
電話 027-289-2500(代)
FAX 027-289-2501
または、メール

までお願いいたします。

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。