★「月刊ヴィアン」スタッフの取材裏話♪★

群馬県内で毎月22万部発行のフリーペーパー「月刊ヴィアン」スタッフのブログです。群馬の地元情報満載でお届けします!
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サンダーズの鈴木がオールスターに出場

鈴木豊がbjオールスターのダンクコンテストに出場!

 1月26日(日)に第8回オールスターゲームが秋田で開催される。残念ながら群馬からはオールスターゲームへの出場選手は選ばれなかったものの、ダンクコンテストに出場する7選手の中に群馬から鈴木豊が選出された。出場選手唯一の日本人選手となる。

 これまでオールスターのダンクコンテストには、橘佳宏(現つくばロボッツ/NBL)が2007-08シーズンから連続5回の出場を果たし、バナナを食べたり、羽をつけたり、伊達正宗やスーパーマンに変装したりと、会場を沸かせるパフォーマンスでオールスターの名物になっていた。しかし今季は橘のNBLチームへの移籍により、その“オイシイポジション”が鈴木に回ってきた。このオールスターのダンクコンテストをきっかけに、橘の跡を継ぐオールスターのダンクコンテストの名物選手になってほしいと願う。

 オールスター出場が決まった直後の12月29日の滋賀レイクスター戦後に、ダンクコンテストへの意気込みを鈴木に聞いた。

                    ************* 

――オールスターでのダンクコンテストへの出場することになりましたが、7人の出場者の中で唯一の日本人です。ダンクコンテストへの意気込みを聞かせてください。

鈴木「ブースターさんから直接メッセージをもらったのを読むと、『日本人でもここまでできるんだぞ』というのを見せてほしいというコメントが結構ありました。初出場なので、自分が持っているものを見せられるかどうかわからないですが、できる範囲でどこまでできるのかにチャレンジしてみたいかなと思います。後は楽しむことですかね。パフォーマンスは一応、考えようかと思っているんですけど、僕は真面目な人間なので、その殻を破れるか分からないですけど、ちょっとアイデアは考えていきたいかな」

――これまで橘さんがやっていたパフォーマンスのように、ダンクの時間中に着替えて…なんていうのも?
鈴木「そんな時間はあるかな…(笑)」

――ダンクコンテストに備えて練習もしなければなりませんね。
鈴木「いつもの練習にプラスしてジャンプトレーニングをしていきます。どこまで高く飛べるかが焦点なので、そこから練習を始めて、余裕がでてきたら、ダンクのバリエーションを増やしていきます」

――いつ、bjリーグからダンクコンテストの打診があったのですか。
鈴木「発表の2~3日前です。僕も急すぎてびっくりして、どうしようと思いました。オールスターに出たいという気持ちはずっとあって、『せっかくダンクできるんだから、まずはダンクコンテストに選ばれたらいいね』ってブースターさんと言っていた矢先に急に話が来たのでびっくりしました。話が来た日は決断もしなければいけなかったので『どうしようどうしよう』と悩みましたね」

――出ないという選択もあったのですか。
鈴木「もちろん。『出るとなったらダンクの種類もパフォーマンスも考えなきゃいけないし。たぶん日本人は僕一人だしな』といろいろ考えると、その日の夜はなかなか寝付けなかったんですよ。翌日にチームメイトの話を聞いたりして、出るという意思を固めたんです」

――全国のbjファンに鈴木さんの名前を売るいいチャンスではありますね。
鈴木「両親にも『お前の名前を打ってくればいいんじゃないの』って言われました。出るからには楽しんでこようかなと思っています」

――大勢の前でダンクをすることで、精神的にも強くなるのでは?
鈴木「そういうふうに物おじせずにできればいいかなと思います」

――これまでダンクコンテストに出ていた橘選手のようなパフォーマンスをどうしても期待してしまいます。
鈴木「考えておきます(笑)。でもどうなるか分からないですよ」

――ダンクコンテストを楽しんできてくださいね。
鈴木「楽しんできます! 頑張ります!!」

suzuki.png

<オールスター概要>
2014年1月26日(日)秋田市立体育館

<オールスターゲーム出場選手>
【TEAM EAST】
HC:中村和雄(秋田)AC:河合竜児(長野)
ブースター選出:富樫勇樹、田口成浩、リチャード・ロビー、ルーベン・ボイキン(以上、秋田)、ウィンデル・ホワイト(仙台)
主催者推薦:北向由樹(青森)、髙橋憲一(岩手)、ナイル・マーリー(新潟)、城宝匡史(富山)、今野翔太(長野)、蒲谷正之(横浜)、ジョン・ハンフリー(埼玉)
【TEAM WEST】
HC:鈴木裕紀(大分)AC:前田顕蔵(高松)
ブースター選出:日下光(京都)、青木康平(福岡)、マーシャル・ブラウン(滋賀)、アンソニー・マクヘンリー(沖縄)、エドウィン・ユービレス(京都)
主催者推薦:笠原太志(奈良)、鈴木正晃(高松)、清水太志郎(大分)、岸本隆一(沖縄)、太田敦也(浜松)、ザッカリー・アンドリュース(大阪)、ジェラル・デービス(島根)

<3Pコンテスト出場選手>
北向由樹(青森)★初出場
田口成浩(秋田)★初出場
パトリック・サンダース(長野)★初出場
井手勇次(東京)★初出場
蒲谷正之(横浜)★初出場
岡田優(京都)★5年連続6回目

<ダンクコンテスト出場選手>
鈴木 豊(群馬)★初出場
エドワード・モリス(東京)★2年ぶり2回目
アイラ・ブラウン(富山)★2年連続2回目
ザッカリー・アンドリュース(大阪)★初出場
ジェラル・デービス(島根)★3年ぶり2回目
エドウィン・ユービレス(京都)★初出場

スポンサーサイト
【 2014/01/05 (Sun) 】 スポーツ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

「月刊ヴィアン」スタッフ

Author:「月刊ヴィアン」スタッフ
■「月刊Vien(ヴィアン)」は、前橋・高崎を中心に毎月22万部発行されている月刊無料生活情報誌です。コンセプトは、「『群馬びと』の“ココロくすぐる”」です。毎号、グルメ・医療・健康・旅をテーマに読者のニーズに合わせた誌面内容をしています。
■特長は時節に合わせた巻頭特集記事や食の情報、群馬のスポーツ情報などを掲載しており、見ごたえ充分の記事内容。地元群馬のFM局・エフエム群馬とコラボレーションした月イチレギュラー番組『月刊!ラジ・ヴィアン』のレポートページほか、季節ごとの企画ももりだくさん!
■そんな「月刊ヴィアン」編集部のスタッフは、少数ながらも元気いっぱい、群馬県内のグルメやトレンド情報を、誌面に載せられなかった分まで、ブログでご紹介していきます。

置き本スポットはこちら!
★★★★★★★★★★★★★★★
月刊Vien(ヴィアン)公式HP

↑これからますます充実の予定です♪

広告掲載・紙面に関するお問い合わせは、
電話 027-289-2500(代)
FAX 027-289-2501
または、メール

までお願いいたします。

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。