FC2ブログ

★「月刊ヴィアン」スタッフの取材裏話♪★

群馬県内で毎月22万部発行のフリーペーパー「月刊ヴィアン」スタッフのブログです。群馬の地元情報満載でお届けします!
121234567891011121314151617181920212223242526272829303102

藤岡市の隠れ家!--釣り場&食事処「赤久縄」

増田です。
やっと暑さも落ち着いて、休日になると「ちょっと旅に出たくなる」季節になりましたね。

今回紹介するのは、月刊ヴィアン9月号P34「隠れ名所漫歩 藤岡市」で市長さんに教えていただいた、「赤久縄」
場所は、伝統工芸を体験できる「土と火の里」をさらに奥へ走り、スーパー林道のちょっと手前です。市内中心部から自動車で向かうと45分くらいの、人里離れた“隠れ家”のような場所。誌面では地図も載せていますので、確認してみてくださいね。
目印1目印1 目印2目印2 
「土と火の里」を通り過ぎ、さらにひたすら走ると……やがて左手に目印1があるので、そこを左折します。ちょっと走ると、目印2の立て看板があるスペースが駐車場。
ここは一言で言うと、釣り場を兼ねた食事処です。同店のおかみ・野田純子さんによると、2006年までは民宿もしていたそうですが、今は日帰りオンリーの施設なのだとか。
目の前で養殖 渓流釣り場
自然のままの清流・鮎川の渓流を利用した渓流釣り場や、時間釣りや量り釣りが楽しめる釣堀があり、子供から大人まで、初心者から本格的な釣り人まで釣りを満喫できるスポットです。
釣堀と養殖場にいる魚たちは、全部で15万匹いるというからびっくりです。
渓流釣りは昼から3,000円、1日だと4,000円。ちなみに、ヤマメ、イワナが釣れるとか。しかも釣った魚は、純和風の店内にしつらえられた囲炉裏で板前さんに串を打ってもらい、新鮮なまま塩焼きにしてもらえます。これが、今まで食べたこともないおいしさ!
市の観光課の方の話によると、海外からの観光客を連れて訪れることもあるのだとか。囲炉裏って、今では珍しくなってしまいましたよね。
囲炉裏で焼く 手打ちそばも。
↑まだ動いてます!
魚と一緒に、北海道産の玄ソバを挽いて手打ちする香り高いそばも人気です。
これからの季節は、紅葉の中で釣りが楽しめるので、街なかから手軽に抜け出したい人におすすめですよ。
野田さんによると、冬は藤岡市内と比べるとちょっと雪が多いようですが、「雪見酒が気に入って、毎年冬になると通ってくれる常連のお客さんもいるんですよ」とのことです。
今度はぜひ私も、冬に行ってみたいと思います。
bw_uploads_QnmC3IK3gr4.jpg
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
月刊Vien(ヴィアン)公式HP http://www.vien.co.jp/
広告掲載・紙面に関するお問い合わせは、
電話 027-219-2008(代)FAX 027-236-0102
メール 
vien@vien.co.jp までお願いいたします。
スポンサーサイト



【 2007/09/01 (Sat) 】 ★TRIP-旅日記♪-★ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

「月刊ヴィアン」スタッフ

Author:「月刊ヴィアン」スタッフ
■「月刊Vien(ヴィアン)」は、前橋・高崎を中心に毎月22万部発行されている月刊無料生活情報誌です。コンセプトは、「『群馬びと』の“ココロくすぐる”」です。毎号、グルメ・医療・健康・旅をテーマに読者のニーズに合わせた誌面内容をしています。
■特長は時節に合わせた巻頭特集記事や食の情報、群馬のスポーツ情報などを掲載しており、見ごたえ充分の記事内容。地元群馬のFM局・エフエム群馬とコラボレーションした月イチレギュラー番組『月刊!ラジ・ヴィアン』のレポートページほか、季節ごとの企画ももりだくさん!
■そんな「月刊ヴィアン」編集部のスタッフは、少数ながらも元気いっぱい、群馬県内のグルメやトレンド情報を、誌面に載せられなかった分まで、ブログでご紹介していきます。

置き本スポットはこちら!
★★★★★★★★★★★★★★★
月刊Vien(ヴィアン)公式HP

↑これからますます充実の予定です♪

広告掲載・紙面に関するお問い合わせは、
電話 027-289-2500(代)
FAX 027-289-2501
または、メール

までお願いいたします。

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索